会社葬儀から家族葬儀への変化

昔は家の主亡くなった時は、勤めていた会社の人達がたくさん葬儀に参列してくれて、また受付などお手伝いも買って出てくれたものです。しかしそのような壮大な葬儀も少なくなって家族葬で済ます家庭も増えています。

会社葬儀からの変化

昔は家の主が亡くなった時には、勤めていた会社の人達が大勢葬儀に参列してくれたり、また受付のお手伝いをしてくれたものです。終身雇用制や年功序列制といった制度を会社が持っていたために、そこで働く社員にも会社に対する帰属意識が高かったのです。そのため社員が亡くなった時には、会社を上げて葬儀に参列していたのです。そのような葬儀のスタイルも欧米的な実力主義の働き方が定着してきた今では、社員が参列することも少なく千葉などで家族葬で済ます人も多くなっています。今までは職場との繋がりが強かった葬儀も、近親者だけで厳かにおこなう人も増えてきて、また故人も生前にそのような希望を家族に伝えていたり、自ら手続きをおこなっている人も多いです。

故人が生前に準備する

最近でこそ「終活」という言葉が認知されてきています。死ぬ前に自分の葬儀について自らプロデュースしてその費用も生前に支払うというものです。千葉で家族葬という家族や親せきだけで葬儀をおこなうスタイルが主流となったために、残された家族には亡くなった後の手続きに煩わしさや迷惑をかけたくないと思う人もが多くなったためです。自分が亡くなった時には契約した葬儀屋に連絡するだけで全て事前の打ち合わせ通り葬儀を進めて費用も家族が支払うことがないように事前に準備しておくのです。当然葬儀に使用する遺影の写真も生前に選んでおくのです。自分の葬儀を自らプロデュースするという葬儀ができるのも家族葬ならではのメリットとも言えるのです。

家族葬が主流になる

千葉の家族葬は、近親者だけでの葬儀のために喪主としても気を使わなくてもいいですし、香典返しをはじめとしていろいろな準備も手間がかからなかったりします。そのような点も考慮して故人は家族葬を選択します。残された家族には迷惑をかけたくないというのが今の時代の主流な考え方です。その流れに応じて、葬儀場も家族葬専用の会場を用意しているところも多くあります。多くの人が参列する葬儀も華やかで良いですが、落ち着いて心から故人をしのぶことができる家族葬が最近では多いため、葬儀が終わった後に故人が亡くなった旨の喪中葉書が届き、その死亡を知るケースも多くなっています。費用という経済的な面からも安くできる家族葬が今後も主流になる傾向にあります。

創業から50年。今では年間に約3000件もの実績を誇ります。 ご葬儀に対してのお見積りや資料請求も行っております。 お問合せ:0120-23-4444(無料) こちらから24時間365日緊急対応も行っております。 お客様の気持ちに寄り添いながらも心が温まるような素敵な時間を提供致します。 お客様のご要望にお答えし安心してご葬儀出来るよう全面サポート致します。 家族葬のことなら千葉県の【昭和セレモニー】へご相談ください