人気の家族葬、見積書を作って納得のサービスを。

家族葬とは、一般的には、故人とその家族だけで、通夜式と告別式を執り行うスタイルの葬儀のことを言います。ただ、多くの場合は故人の子とその家族くらいまでの、近しい関係のあった人も呼ぶことが多く、家族と、ごく親しい親族のみを呼ぶ葬儀についても、家族葬という呼び方がなされることが多いです。

納得の家族葬を執り行うには

千葉での家族葬に限らず、葬儀で一番問題になりやすいのが、葬儀費用についてです。葬祭業社に一切お任せで執り行うと、過剰な装飾や演出が追加されて、参列者が少ない葬儀であっても、思わぬ高額の請求がなされる場合があります。この点について、葬祭業社の営利姿勢と見るか、それとも葬祭業社に細やかな点にまで心を配っていただいたと見るかで、意見が分かれるところではあります。
大雑把な金額でいえば、千葉の家族葬でも30万円~70万円前後くらいまで、料金に幅があります。これは、祭壇を設けるかどうか、生花を供えるかどうかなどによって変わります。祭壇は、必ずしも設けなければならないものではありません。細かいところでは、棺桶の装飾によっても料金が異なります。
納得の家族葬を執り行うには、葬儀を始める前に、葬祭業社とよく打ち合わせをして、見積書を書面で提出してもらい、その内容を精査することをお勧めします。

家族葬のもっとも小さい形、直葬

家族葬の一種で、特に質素なものが「直葬」と呼ばれる、火葬前の宗教家による簡単な儀式のみを行うものです。これは、通夜式も告別式も行わず、火葬と納骨のみを行うというものです。火葬の直前に、宗教家による簡単な儀式(読経など)を行います。
直葬の相場は、おおむね12万円から20万円前後です。この費用は、最低限必要な棺桶や骨壷、枕飾りのほか、ご遺体を運ぶ寝台車等の料金が含まれて、宗教家への謝礼(お布施)は含まれていません。宗教家へのお布施は、昔は直接質問することは失礼とされていましたが、今は、はっきりとお布施の料金を質問するのが普通です。戒名無しの場合で3万円から5万円前後、戒名ありの場合で10万円以上です。戒名というのは仏式の葬儀において、故人が死後「お釈迦様の弟子になる」際に必要となる、という意義があります。故人が無宗教の方であった場合など、あえて戒名をつけないケースも、近年では多くみられます。

家族葬は、後の年忌も小規模にしやすいメリットがあります。

家族葬でお見送りをした故人は、火葬された後の最初の法要として、仏式では四十九日の法要を行い、四十九日の法要の後、お墓に納骨します。
近年では、お墓も多様化しており、マンションのように一つの建物に区画がなされていて、合祀とはまた違う、個別に納骨できるスタイルの施設も登場しています。これは屋外に建てる一般的なお墓のような、掃除や手入れが不要で、費用的にも墓石を建てるより安く済むことが多いです。
その後、仏式では一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌…と続けていくことが一般的です。近年ではよほどの有名人でもない限り、十七回忌以上を執り行うことは少ないです。
千葉の家族葬で故人をお見送りした後には、その後の年忌においても、基本的には、家族葬にお呼びした方以外は呼ばないことが多いです。お年忌も小規模で簡素なものにしたいのであれば、その起点として家族葬を選択することは、多いに意義があります。