Contact us now
+1-888-846-1732

変わりゆくお葬式の形態

世の中が目まぐるしく変わっていくように、お葬式の形態もさまざまに変化しています。「自然葬」「散骨層」「樹木葬」などの数ある新しい葬儀形態の中で「家族葬」という言葉が特によく聞かれるようになりました。

近しい人だけでのお別れ

家族葬という言葉が世間に認知されるようになったのは最近のことです。家族葬はその名の通り家族や親戚、ごく親しい友人などの近親者のみで行われる内輪のお葬式の形態を指し、以前は「密葬」と呼ばれていたものに当たります。今でも芸能人の訃報のニュースなどにこの「密葬」という言葉は使われていますが、密葬の場合は後で別途に「お別れ会」が開かれたりします。しかし、家族葬ではそういったことは行わず、葬儀のみで完結されます。そういった意味ではとてもコンパクトで簡略されたイメージがありますが、この「小さなお葬式」が年々増えているという背景にはどんな事情があるのでしょうか。また、千葉で家族葬を行う場合にはどんなマナーや注意点等があるのでしょうか。

増えている家族葬の内容とは

千葉で家族葬が増えてきた理由はいくつかあります。社会情勢の変化もそのひとつでしょう。現在は昔とは比べものにならないくらい平均寿命が延び、定年を過ぎてからの余命が長くなったので仕事関係の付き合いが希薄になり、葬式の参列者が減ったということが挙げられます。また、介護施設等で亡くなられる方も増え、訃報の通知までに時間がかかるためだんだんとお葬式の規模が縮小されているということもあるでしょう。家族葬では元来のしきたりに沿ったマナーは特になく、式の内容も喪主を中心とした家族内で決められます。多くの家族葬では形式にとらわれず、個人が生前に好きだった音楽を流したり、生前の家族で撮った写真等を見ながら思い出話をしたりなど個人が喜びそうなことを行って見送るという形をとっているようです。

家族葬のメリットとは

そんな家族葬ですが、たくさんのメリットがあります。まず、近親者のみの参列なので顔もあまりよく知らないような参列者に気を遣わなくて済みます。大規模なお葬式ならば、式の進行や参列者へのご挨拶などで忙しく、故人を偲んだり悲しんだりする間もなくお別れしなければならない場合もありますが、家族葬ならばアットホームな雰囲気の中で、ゆっくりと故人をとお別れすることができます。また、費用の面でも通常のお葬式に比べ、かなり安くできるというメリットがあります。今後も千葉での家族葬は増える傾向にあります。しかしながら当日呼んでいない人が参列しに来てしまうということもよく聞く話です。そういったトラブルを避けるために、家族のみで式を行うことやお香典は固く辞退する旨を参列者以外には事前に通達しておけくことが大切なポイントとなるでしょう。