Contact us now
+1-888-846-1732

最近注目の「家族葬」について

葬儀にはいろいろなスタイルがあります。そのなかでも最近になって注目を集めているのが「家族葬」です。日本では一般的とされている葬儀スタイルとは少し異なります。どのような違いがあるのか、なぜ注目を集めているのか、ご紹介しましょう。

家族葬の基本について

「家族葬」は、その名の通り家族だけが参列する葬儀形式です。小規模な(参列者の少ない)葬儀だと考えればよいでしょう。宗教上の制限は特にないので、必ずしも宗教関係者(僧侶など)を呼ぶ必要はありません。葬儀を行う場所も、特に制限はありません。小規模な葬儀になるため、会場の選択肢は豊富です。自宅で行ってもかまわないのはもちろん、地元自治体の施設や葬儀業者の施設を利用してもかまいません。棺の移動にはある程度の手間がかかるので、葬儀業者の協力を得るとよいでしょう。死後に火葬を行うことは法律で定められていますが、それ以外はかなり自由に決められます。千葉で家族葬の形式を選ぶかどうかは、故人が生前に指示を出している場合もありますし、遺族が話し合って家族葬にする場合もあります。

家族葬には誰を招く?

千葉などの家族葬に参列するのは、基本的に家族(親族)だけとなります。親族は遠縁の人は呼ばずに、後日、喪中のはがきなどを出して済ませる場合もあります。一般的な葬儀の場合は友人や勤め先の同僚、近所の知人なども招く例がありますが、このような関係の人たちは家族葬では基本的に招きません。家族同然のような付き合いがあった人、あるいは遺書により訃報を知らせるように指示があった人は招いてもかまいません。基本的には遺族(喪主)が決定してよいことです。自宅あるいは自宅に近い場所で葬儀を行った場合、葬儀に気がついた近所の人が顔を出すかもしれません。そのときは快く迎え入れるとよいでしょう。簡素な形式で葬儀を行うときは、香典の持参を遠慮してもらうのもひとつの方法です。

なぜ家族葬が増えているのか?

千葉などでの家族葬は参列者が限られ、比較的シンプルな形式で行われるのが通例です。特に決まった形式はないため、お通夜や告別式などを区別せず、1回の儀式で火葬まで済ませることもあります。このような形式の葬儀が増えたのは、葬儀の経済的な負担を重く感じる世相があります。たくさんの参列者を招く一般的な葬儀はお金がかかるため、シンプルな形式を選択したい(選択せざるを得ない)世帯が増加傾向にあるのです。また、宗教観の変化も理由のひとつです。宗教関係者に対する出費(墓地や戒名など)に大きな意味を感じる人が減少傾向で、「家族だけで(ひっそりと)弔えれば、それでよい」と考えている人が増えています。葬儀はたくさんの人を急に呼び寄せる儀式なので、それを嫌って身内だけで済ませようと考える場合もあるようです。